「感受性」に傾倒しすぎると〇〇になってしまうかも?

2017/09/08

女性は、右脳と左脳の連携、横の繋がりが得意だそうです。

男性は、左脳は左脳、右脳は右脳と別々に使う、縦の繋がりが得意だそうです。

これは科学的にも証明されていて有名なことです。

 

そのせいか、ウツシを受けた場合にも

女性は、右脳での色々な情報を、左脳で伝えるのが得意なようです。

男性は、それが少し苦手なようです。

 

でも、男女での結果に違いもありませんし、施術で変化しなかった人は一人もいません。

そのための「感受性」が、誰にでも備わっているからです。

 

「感受性」は、とても大事です。

けれど「感受性」に傾倒しすぎると「不調」になってしまうかもしれません。

 

なぜなら、何かに傾倒しすぎた心理状態というのは不安定な状態だからです。

その裏には、何かへの否定や拒絶や逃避が潜んでいる可能性があります。

これが不調の引き金になりかねません。

 

ついでに「感受性」を養ったからといって、現代人が縄文人や動物のような感性に戻る必要もありません。

(そこに回帰するのが理想と考える人もいますが…)

 

人間が進化ともに「考える力」も養ってきたおかげで、いまの自分達がいます。

 

「考えるな、感じるんだ」とブルース・リーは言ってましたけど

「感じるな、考えるんだ」もまた大切です。

何事もほどほどに、バランスが一番大事。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2020/01/05

2019/12/28

Please reload

アーカイブ
Please reload

関連記事
Please reload