「世界の広さ」は〇〇で決めている


やってもいないことを「できない」と言ったり「良くない」と言ったり

見てもいないことを「ありえない」と言ったり

もし、あなたが実際をないがしろにして、自由な考え方や行動ができないでいるとしたら、それはもったいないと思いませんか?

人は誰でも「自分で」自分の世界の広さを決めてしまっています

または、自分の持っている「固定概念」が人生の広さを決めています

でも、考え方や行動を足掛かりに、人は自分の持っている「固定概念」を更新していくことはできます

少しのきっかけで


施術がその少しのきっかけになると言う方もいます

「自分の持っている固定概念を死ぬまで更新してはダメ」なんてルールは、どこにも存在しません


だから、もし人生の幅を広げようと(自分の世界を広げようと)思ったら、今まで持っていた自分の「固定概念」をどんどん更新していくことをおすすめします


先日、100m走で日本人で初めて10秒を切ったというニュースをみました

スプリント業界では「日本人は外国人と比べてフィジカルが弱いから」と必ず言われてましたが、今後のスプリント業界も陸上選手の「固定概念」をどんどん崩していくように思います

実際に日本人が10秒を切ったんですから

僕の施術も、施術業界の「固定概念」から外れた技です

「怪しい」「こんなので変わるわけがない」などなど

「実際」に体験したことがない人ほど、よく口にします

世界の広さを決めているのは「自分」です

(動物には、施術に固定概念なんてないですよ)