「世界の広さ」は〇〇で決めている


やってもいないことを「できない」と言ったり「良くない」と言ったり。

見てもいないことを「ありえない」と言ったり。

もし、あなたが「実際」をないがしろにして、自由な「考え方」や「行動」ができないでいるとしたら、それはもったいないと思いませんか?

人は誰でも気づかないうちに、自分で自分の世界の広さを決めてしまっています。

または、自分の持っている「固定概念」が人生の広さを決めています。

でも、「考え方」や「行動」を足掛かりに、人は自分の持っている「固定概念」を更新していくことができますし、少しのきっかけでその「考え方」や「行動」も変えることができます。

当店の施術が、その少しのきっかけになると言う方も結構います。

「自分の持っている固定概念を死ぬまで更新してはダメ」なんて法律やルールは、どこにも存在しません。

だから、もし人生の幅を広げようと(自分の世界を広げようと)思ったら、今まで持っていた自分の「固定概念」をどんどん更新していくことをおすすめします。

先日、100m走で日本人では初めて10秒を切ったというニュースをみました。

スプリント業界では「日本人は外国人と比べてフィジカルが弱いから」と必ず言われてましたが、今後のスプリント業界も陸上選手の「固定概念」をどんどん崩していくように思います。

日本人が10秒を切ったという「実際」をないがしろにはできませんから。

当店が施術で利用している「ウツシ」という技法も、施術業界の「固定概念」から外れた技法です。

「怪しい」「こんなので変わるわけがない」などなど

「実際」に体験したことがない人ほど、よく口にする言葉があります。

世界の広さを決めているのは自分です。

(うちのコも、これで元気になっちゃってます)


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事