感覚を大切にしてますか?

2017/11/19

「カラダで感じたものを、そのまま感じる」ことができるのが動物です

 

だから人間もそれができるはずですが、これがなかなか難しい

 

「カラダの感覚」と「自分の(日常の)感覚」に誤差が生まれやすい生き物です

 

スポーツ選手などは、その大事さを分かっている方がいますが

 

そうであってもそうでなくても、初めて来られる方はたいてい感覚がズレています

 

で、ズレてるとどうなるか?

 

人のカラダは、外と中はウラオモテ

 

そのぶん身体にもズレができています

 

しかも自分では正しいバランスに戻れない

 

だから何処かで骨格矯正とかを受けていても、すぐに意味がなくなってしまう

 

でもそれよりも深刻なことは、自分の「解釈」がズレていくということ

 

感覚をもとに得られた実感・記憶・知識

 

それらが自分の「解釈」へと繋がり、誰もがそれをフィルターにして人生を生きています

 

だから施術の中に「感覚の調律」というのを組み込んでいます

 

つまりこういうことです

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2020/01/05

2019/12/28

Please reload

アーカイブ
Please reload

関連記事
Please reload