感覚を大切にしてますか?


「カラダで感じたものを、そのまま感じる」ことができるのが動物です

だから人間もそれができるはずですが、これがなかなか難しい

「カラダの感覚」と「自分の(日常の)感覚」に誤差が生まれやすい生き物です

スポーツ選手などは、その大事さを分かっている方がいますが

そうであってもそうでなくても、初めて来られる方はたいてい感覚がズレています

で、ズレてるとどうなるか?

人のカラダは、外と中はウラオモテ

そのぶん身体にもズレができています

しかも自分では正しいバランスに戻れない

だから何処かで骨格矯正とかを受けていても、すぐに意味がなくなってしまう

でもそれよりも深刻なことは、自分の「解釈」がズレていくということ

感覚をもとに得られた実感・記憶・知識

それらが自分の「解釈」へと繋がり、誰もがそれをフィルターにして人生を生きています

だから施術の中に「感覚の調律」というのを組み込んでいます

つまりこういうことです


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事