施術で重要なこと


やればやるだけ自然から離れて

人間の知恵でやるほど難しくなる

自然農法で有名な福岡正信氏の言葉です

農業もそうなんでしょうが

これは施術業においても

まったく同じことが言えます

だって

農作物も人間の体も

同じく自然の産物なわけですから

実は

相手の「施術された感」が強くなると

効果も一時的なものになり

逆に

相手の「施術された感」が小さくなると

(ただ小さければ良いわけではないですが)

効果もじわじわ長持ちする傾向が

実はあります

なので、巷によくある

強い刺激で全身くまなく施術する整体は

一時的に満足感を感じるだけで

実は逆効果だったりすることがあります

自分も昔そういう施術をしていたので

よくわかります

そして、お客さん側の認識も

「強く施術してもらわないと良くならない」

「たくさん矯正してもらわないと変わらない」

という刷り込みが強い方が多かったりします

まあ、そこに関しては

本人の嗜好もあるので

こちらから相手を説得したりはしませんが

でも、その認識自体に変革が起きると

カラダもさらに良い方に変わっていく事が

実は多かったりもします

できるだけ余計なことをしないで

結果を引き出すために

何をするのか?

それが施術において一番重要で

難しかったりもします

ぜひ体験しに来てみてください


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事