施術で重要なこと


やればやるだけ自然から離れて

人間の知恵でやるほど難しくなる

自然農法で有名な福岡正信氏の言葉です

農業もでしょうが、施術においてもまったく同じことが言えます

だって農作物も人間の体も

同じく自然の産物なわけですから

実は施術というのは

相手側の「施術された感」が強くなる程

その効果も一時的なものになっていきます

逆に、相手側の「施術された感」が小さくなる程

(ただ小さければ良いわけではないですが)

効果もじわじわ長持ちする傾向があります

なので、巷によくある

強い刺激で全身くまなく施術する整体は

一時的に満足感を感じるだけで

実は逆効果だったりすることがあります


僕も昔はそういう施術をしていたので

よくわかります そして、お客さん側にも

「強く施術してもらわないと良くならない」

「たくさん矯正してもらわないと変わらない」

という刷り込みが残ったりします


気をつけなければならない所です

できるだけ結果を引き出すためには

「何をするのが良いのか?」

ではなくて

「何をしないのが良いのか?」

それが施術において一番重要で

難しかったりもします

ぜひ体験してみてください