原因は相手?自分?


練習場にいると時々見かけるのが

口論している競技ペア

だいたいが踊りに真剣さゆえの

議論なのでしょうが

相手の動きとかにいろいろ文句を言い合いながら

ずーっと練習してたりします

(なんかスタンダードに多くてラテンに少ないような気がします)

なんて苦行なんでしょう

僕にはとても無理です

そこでちょっと耳を傾けてみると

内容はさておき

交わしている言葉のパターンは

まるでくだらない夫婦喧嘩と

同じだったりします

つまり、気分先行でまず相手を批難する前に

自分原因で考えて会話できれば

もっと質の良い練習ができるだろうに

もったいないなーと思うわけです

「相手がこうだからダメ」という

短絡的思考の先にある

相手に対して自分が「そう感じる」のは

自分が相手に対して

「そうさせてしまっている要因」も

あるのではないのか?という

社交ダンスに例えるなら

自分が相手に対して

踊りにくさや組みづらさを感じる時は

相手がどうこうの前に

自分自身が

「自分が踊りづらさを感じる何か」を

相手にさせているんじゃないか?

という自分原因的な発想がまずあれば

練習も上達も相手との関係性も

もっとスムーズなんじゃないかなと

思ったりします

で、そういう風に考えている時は

脳はとても良い方向で使われ

心身も良い方向に行くらしいです

すべての物事には

無限のパターンがあるので

広く大きな視野が欲しいものです


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事