大相撲殺人事件


大相撲九月場所も

終盤に差し掛かってきましたね

横綱 稀勢の里の進退が

やっぱり気になる今場所ですが

そんな中

先月、読んだ本がこれです

大相撲×ミステリー

前々から気になっていたんですが

時間ができたので読んでました

ありえない事ばかり起こって

とても面白かったです

外国人が大学と間違えて

相撲部屋に入門したり

本場所の土俵で力士が爆死したり

首なし力士や

身体のどこかが無くなる

力士の変死体

密室状態(?)の土俵で

事件が起きたり

とにかく力士が

殺し殺されすぎの事件

角界に殺戮の嵐が起こりますw

しかし事件はテンポよく

解決されていきますが

もうどうしようもないです

もしこの本みたいなことが

実際に起こったら

角界はまず終わりでしょうし

この相撲部屋よく存続できるな

とか思いますが

このくらいブッ飛んでるほうが

読みモノとしては面白いので

全然ありですね

そういえば似たようなもので

10年以上前に

こんなの本も読みました

プロレス×ミステリー

昔(30年前くらい)の新日本プロレスが

モチーフになっているので

オールドファンなら世界観が懐かしくて

想像しやすく面白いですが

こっちは大相撲界のような

殺戮の嵐は起こりません

(・ω・`)


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事