大相撲殺人事件


大相撲九月場所も

終盤に差し掛かってきましたね

横綱 稀勢の里の進退が

やっぱり気になる今場所ですが

そんな中

先月、読んだ本がこれです

大相撲×ミステリー

前々から気になっていたんですが

時間ができたので読んでました

ありえない事ばかり起こって

とても面白かったです

外国人が大学と間違えて

相撲部屋に入門したり

本場所の土俵で力士が爆死したり

首なし力士や

身体のどこかが無くなる

力士の変死体

密室状態の土俵(?)で

事件が起きたり

とにかく力士が殺し殺されすぎ

角界に殺戮の嵐が起こりますw

しかし事件はテンポよく

解決されていきますが

もうどうしようもないです

もしこの本みたいなことが

実際に起こったら

角界はまず終わりでしょうし

この相撲部屋よく存続できてるな

と思いますが

このくらいブッ飛んでるほうが

読みモノとしては面白いのです

そういえば似たようなもので

10年以上前に

こんなの本も読みました

プロレス×ミステリー

昔(30年前くらい)の新日本プロレスが

モチーフになっているので

オールドファンなら世界観が懐かしくて

想像しやすく面白いですが

こっちは大相撲界のような

殺戮の嵐ではありません

(・ω・`)