おひさし


気がつけば2ヶ月くらいBlogを放置して1月が終わろうとしていますww

でも「便りがないのが無事の知らせ」という寅さんの映画に出てくる言葉もありますし、そういうことで

12月、1月といろいろ忙しくも楽しく過ごしていました

新年には初詣ついでに富士塚に登ったり

ジャイアント馬場展にいったりもしてました

横綱・稀勢の里の引退もありましたね

そんな中、今月とある施術仲間の突然の訪問がありました

長崎の「げんきだまぷらす」の渡邊潤さん(真ん中)

潤さんとはある施術を共に学んだ仲で、野球の指導者もしています

僕より体の大きな人で、人間性にも居心地の良さを感じる人です

潤さんの施術における意識の持ち方と僕の社交ダンスの話とが共通するところが合ったりして面白くて、1時間半くらいの短い時でしたがとても有意義な話ができました

会えてとても良かったです

思えば社交ダンスはペアダンス、相手と自分の共同作業

施術も同じで、相手と自分の共同作業

意識の持ち方が似ているのも当然で

施術業界も他の業界や、スポーツの世界と同じように

自分に合わせて相手を動かそうとする人とか、他人に勝とうとする人とか、相手の失敗を期待する人とかも多いですけど

受け入れる心、受け入れてもらう心

それがあれば十分なんですよね

実はそれだけでも発揮できるパフォーマンスが

日常、仕事、スポーツなどで全然変わってきます

おしまい


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事