五月病


今月は大型連休もあったりして、いつもよりひどい五月病になる人もいたようです

たかが五月病と思って放置しておくと危険ですね

やる気が出なかったり、行きたくなくなったり


食欲が低下したり、寝られなくなったり

なんとなく体調が良くなかったり、自律神経が乱れたりとか

あと、うつ病とか適応障害とかの精神疾患が裏側に潜んでいる人もいるようです

五月病は正式な病名じゃないですけど、精神的な甘えというわけでもないので

自分がどうしてそうなっているのかを漠然とではなく、細かく分析していくのが必要かなと思います

例えば、なぜそれに対してストレスを感じるのか?

ストレスは溜まるものですけど、何かで発散してもまた溜まるのです

そもそもどうして自分はそのことに対してストレスだと感じるのか?という心の原因を探った方がいいですね


それと、替えがきくもののために替えがきかないものを犠牲にするのも良くないです

替えがきかないのは、自分の心体

替えがきくのは、職場だったり学校だったり

自分の心や体を利用する分には良いですけど、犠牲にならない環境にいることは大事です

とくに心は一度壊れると、とても厄介


五月病かなという人は、この機会に自分と周りの環境との関係性を見つめ直すと良いかも

お客さんにも伝えていますが

不調や病気や怪我も、災難ではなく「いったん自分を見つめ直すためのお題」として起こっているものなので


そういう時ほど自分をリセットするチャンスということにもなります