随時更新

ウツシ,東京,月島,リロード,レイジングライフ,中央区,整体

「自然体」でいるということは

先天的パフォーマンスが高い

ということを意味します

試合や本番の前に

重要な仕事や試験の前に

大切な面接やオーディションの前に

病院での検査や手術の前に​

「自然体」を取り戻すケアは

外見や​身だしなみを整えるのと

同じくらい大切です

人は、​なぜ「自然体」でいられないのか?

【連続したストレスと疲労の段階化】

疲労度.jpg

人は疲労することで

その段階に応じて

心身のパフォーマンスが下がります

その疲労度は一度のストレスやショックで

低下していくわけではありません

​連続したストレスやショックにより

回復力、治癒力、復元力を超過することで

段階的にステージが下がっていきます

その結果、いつの間にか

「自然体」でいられなくなります

ウツシ,東京,月島,リロード,レイジングライフ,中央区,整体

必要なのは

「先天的感覚」と「後天的感覚」の

シンクロ率を上げること

現代人の多くは、気づかないうちに

「自分が普段使っている感覚」

「カラダが直感している感覚」

ズレを持っています

「感覚」は重要なセンサーです

その精度が落ち、ズレたままでいる

その狂いが大きくなるほど

不調の度合いも比例する傾向にあります

さらにそのままズレを放置していると

「自分自身」もズレていきます

そして不調の悪循環に陥ります

安全ピンサイクル.jpg
ウツシ,東京,月島,リロード,レイジングライフ,中央区,整体