自然変化を促す

2017/12/12

姿勢とは「変えてもらうもの」でしょうか?

 

いやいや、「変わるもの」です

 

では、姿勢が悪いから不調になるのでしょうか?

 

いやいや、わざわざ姿勢は悪くなっています

 

人の肉体も自然が作り出した自然の一部ですから、必要のないことは起こりません(それが不調であっても)

 

じゃあなぜ

姿勢が悪くなるのでしょうか?

 

日常生活や仕事のせい?

 

ではなぜ、同じことをしていても

そうなる人もいれば

そうならない人も、たくさんいるのでしょうか?

 

デスクワークで肩が凝らない人もいます

力仕事で腰痛にならない人もいます

長距離を運転しても疲れない人もいます

 

他にも挙げれば、いくらでもあります

 

同じ環境下におかれても

個人差が出てくるのは、なぜでしょうか?

 

それは、体格や年齢だけの問題ではなく

自分の持っている「解釈」にも改善の余地があるからです

つまり、自分の受け取り方の問題です

 

例えば、自分にとって、その先にとても欲しいものがあれば

いつもは苦痛だと思っていたことも

すんなりこなしてしまったりするものです

 

そんな時、自分に「勢い」があるのは外から見ても分かります

「姿勢」としても現われてきます

 

そして自分に「勢い」がないときにも

「姿勢」としても現われてきます

 

知ってのとおり

「姿」に「勢」と書いて「姿勢」です

 

だから

いつも元気で姿勢が良い人でも

何か心身に不調あれば「姿勢」が悪くなっていきます

 

そして、回復すれば「姿勢」も元に戻っていきます

(これはだいぶ前の写真ですが)

 

姿勢だけでなく

表情、目つき、筋肉の状態、肌のつや、ハリなどにもあらわれますし

逆に姿勢などが悪い人は

自覚のあるなしに関わらず、心身に何か不調を内在させています

 

姿勢が悪い原因は内側にあるので、外側に求めてもしょうがなく

姿勢矯正みたいな、他人に変えてもらった姿勢では不自然で

だから「勢い」がみなぎってくるケアが必要になってきます

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

2020/01/05

2019/12/28

Please reload

アーカイブ
Please reload

関連記事
Please reload