残すとか残るとか


いよいよ寒くなってきました

でも、体はこの冬の寒さに適応し始めました

これも生きてる証拠です

生物の進化は「多様性の中から環境に適応したものがたまたま残った結果」という話が大好きです

単純に弱肉強食というわけでもなく、残りたいから残ったのでもなく、残るべくして残るのが自然の法則で

そんな人が創り出した物でも同じで、残るか残らないかは本人の意思よりも多数派によって選ばれて残るのが自然です

多数派...

話はそれますけど、最近違和感を感じるのは学習障害という言葉

それは今のヒトの環境で「たまたま」適応しづらい(しづらくなった)少数派、

そうじゃないのは「たまたま」適応できている(しやすい)多数派という違いで

ヒトの可能性の度合いに障害はないですから、障害というよりただの少数派な気がします

他の障害や染色体異常と呼ばれる先天性のもたまたま少数派で、もし何千年何万年と経てきた環境がもし今とは違っていたら、立場が逆転している可能性だってあったかもしれないし、この先の進化のこともわかりません

で、そんなこと書いといて関係ないですが

先週ダンスホールに大勢で遊びにいってました

練習場なら結構ありますが、いま都内に有名なダンスホールは2件しかありません

年配者の利用が多数派で、若い人はダンスホールでは少数派、そのせいか近い将来閉店するお店もあるとかないとか

昭和感の漂う良い雰囲気でゆるく楽しむ社交ダンスが好きなので無くなって欲しくないですけど、それも仕方ないのかもしれません

でも一方で、先日は三笠宮杯というバリバリの競技の社交ダンスを観戦しに行ったりもしてました

ダンスホールとは対極的にこっちは若い人が多数派、業界も競技ダンスを一つのスポーツとしてオリンピック種目にしたくてしょうがないようですし、テレビでキンタローとかも踊ってますね

確かにトップレベルの異次元のダンスは、普通に踊っている人たちにはとても真似できないもので、それはそれで見ていると凄いです

そんなんで、ようは自然の流れに逆らわず、深く考えないで少数派でも多数派でも自分の好きなように楽しむのが一番ですね♪


関連記事

すべて表示

コロナのときに持ってると危険なもの

世の中コロナコロナで大変ですね コロナでコロッと逝かないように気をつけたいものです そしてコロナ自体に加えて、コロナ関連によって政府の問題や様々な社会問題もより顕在化して、世論が紛糾したりしてます とはいえ、アフターコロナでは元の生活が戻ってくるというより、新しい社会が形成されていくような予感もしていてちょっと楽しみでもあります(破壊と創造ですね) でも今は、ほとんどの方が仕事や生活に影響が出て困

最新記事
アーカイブ
関連記事